内山田洋とマッチ

さいたま市のAGAクリニック
看護の学校を出て、初めて看護師として働き始めた新人だったり、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、労働に見合うだけの残業手当がきちんともらえないケースがあります。残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せずはっきりと労基法に違反しているのです。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、こなした分はしっかり、報酬を得なくてはなりません。勤務中の看護師というのは片時も気を抜くことはできないでしょうし、そのために常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、精神的なきつさも感じることになります。ストレスを和らげ、自らをケアする手段を知っているかどうかということは、この先も長く続けたい場合は大事な点になるでしょう。特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、実は意外と調整しやすいようになっています。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、小さな子供がいる人でもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。看護学校を卒業してすぐに働いた病院では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり看護師は続けたい、というもので、転職という選択をすることにしたのでした。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、苦労しながらも、仕上げることができました。でも、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、とわかったのです。土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、基本的に土日は休みになります。何か急な事態によって呼び出されたり、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、多くの場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。看護師として、毎日激務をこなしているうちに、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。全体的に見て、比較的忙しくない診療科としては、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。ですが、どういった病院か、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、ハードさの度合いは違ってくるはずです。労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、少なくとも平均年収においてはなんなく看護師が上回りました。慢性的に人手が不足している医療分野では需要はいつでもある訳ですから、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という得難い長所もあるわけです。ところが、高給を得られる職業ではありますが、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。数年ほど、看護師として働いているのですが、気付いたことは、看護師はどうやら喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。タバコが有害という認識が広まったこともあって、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。そして、病棟勤務とは違って、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、例えば人気のある診療科だったりしますと多くの患者で待合室がいっぱいになり、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。どんなスキルが必要になるか、ということもどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。例えば、エッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。食事のために休憩するということを他の勤務中の看護師に伝えるための暗号として使用している現場は多いようです。そもそもエッセンとは、というと、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。一昔前、医療の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、その影響です。何であれよく使われ、親しまれている用語です。現在、私は病院事務として働いています。普段、看護師さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんがいつでも皆さん忙しくされています。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。でも、私が思ったよりも「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。子供を連れてきている看護師さんが少なからずいらっしゃるんです。参加されていた先生方からも歓迎されていて和やかで楽しい会となりました。いつも忙しく、様々な業務に携わる看護師という職業ですが、必要とされる度合いがとても高いですし、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代で勤務することになっています。夜勤のある仕事ではどうしても、上手に生活のメリハリをつけないとうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。病院で病棟勤務に就いている看護師なら2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いてもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると医師や看護師など、人の数がかなり減り、そんな状態で夜間に容態が急変した重体患者が出たりなど、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、強いストレスを感じることはよくあります。さて、看護師として長く働き続けると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、そのうち、自身の身体や健康のことなども今の状態を把握しやすくなるようです。初めての病院で新人の看護師として働こうとする時に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるような病院もありますし、人事担当者の考え次第で決定に至ることもあります。配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、そこに配属になる事が多いのです。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。履歴書による書類選考に通ったら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。これまでの経験や職務について、志望動機など話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も見られています。人間的な良さを知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。Wワークに向いた仕事も様々で、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといったその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、Wワークをしようと思えばできるのです。とは言え、メインで働いている職場の規定で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療関係者も、より必要性が高まると考えられています。なので、既に不足している看護師なのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、今なお看護師の数が十分でないのはなぜかというと働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが原因として挙げられます。朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。当然、休みはきちんともらえますけれど、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人がかなり多い、というのが問題となっています。出産し、子育てを始めるとなると24時間いつでも保育を引き受けてくれるような預け先がない場合は夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。とは言え、近年においては職場に戻ってきたりする人も増えてきており、大きな戦力となっています。勤務や休みをある程度自由にすることができ、したい仕事を選んで働ける、等などが派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。働く期間も様々で、単発、短期、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、もしも看護師の仕事を探している最中ならできれば、派遣で働くということも考えて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。看護師の資格のある人は法律では、どういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師の指導の下であれば認められている医療行為もいくつか存在します。ですが、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、一刻一秒を争うような事態になった時には、場数を踏んでいる看護師であれば、若干の医療的行為は認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる看護師の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは回復して退院した患者さんが、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。それに、やはり患者さんの家族の方からとても喜んでもらえた時など、大変に感動したりします。生活は不規則になるし、ストレスはたまるし、看護師の仕事はとても大変です。なので、やりがいを覚えなくなったら、辞めてしまおうと思って、悩むでしょう。どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っていると、当たり前のように囁かれたりしていますが、単純に看護師の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。それは協調性の高さの表われでもありますが、あれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。日常的にそんな環境に接しているといい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。思い返してみると、私が看護師になりたいと思ったのは職業体験というものが中学の時にあって介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て感動したのがきっかけです。将来的にはこういった職業で働いていきたいと考えたことが端緒となり高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。いやなこともありますが、それなりに充実していると思います。妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事としてとにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、注意するに越したことはありません。もう一つ、薬のことも薬品に触れることは大変に多い訳ですし、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。必ず適度な休憩を取るようにします。以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、最近ではこれを行っている病院は多いです。看護師の個々の能力を、間違いなく測り、評価できるように、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。能力評価は、月々に行なう所や、一年に一度だけということもあります。自分の能力評価を受け続けることで、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、看護師としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。正社員の場合は月給制で、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。どのくらいの額かといいますと日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺がパート看護師の時給としての相場です。単にパートの時給としてみるとかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、看護師として、人命にかかわる業務をこなし、かなりの激務をこなしていることを思うと、つくづく安い値段ではないでしょうか。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といった単純な業務とは言えませんから、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから別の仕事先を探す人も一定数います。大学病院など、高度な医療を行なうところで看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、とてもアグレッシブな転職になります。少々昔の話ですが、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、昨今、看護師と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入るといった事実について、急激に周知されてきているようです。看護師の手にする給料というのは、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。そう、つまり看護師は確実に高給を得られる専門職なのです。女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、まじめに勉強していた学生にしてみると、それほどまでに難しい、というものでもないのです。そして、看護師を育てる専門機関は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。